遺影写真・肖像写真の作成、写真全般の加工、油絵風肖像写真作成、大型プリント(インクジェット)の出力なら大阪の葉月写真工芸社にお任せください。

イメージ
HOME ≫ よくあるご質問 Q&A
イメージ
質問-1

遺影・肖像写真を作り直したいのですが、どのような写真を選べばよいのですか。

 
答え

下記以外のお写真であればお客様が納得できる、遺影・肖像写真をお届けできます。

  1. 写真全体が暗く、とくにお顔が暗い写真 それとよくある写真ですが、頭 おでこが明るくとび過ぎている写真(顎・口・頬が黒い 写真)(影が強い写真)
  2. 顔にピントがあっていない写真
  3. アルバム・雑誌等の印刷した写真印刷物は点の集まりですので、それを修整しますとピントがあまくなります。)
  4. 絹目(ザラザラした写真)の写真。(葉月写真工芸社では特殊処理により90%格子目が取れます)

下記のデータであればお客様が納得できる、遺影・肖像写真を お届けできます。

  1. デジタルカメラのデータ(そのまま送信してください)
    • 有効画素数400万画素のカメラの場合はメール添付ファイルに約2MBの容量が記載されます。
    • 有効画素数800万画素以上のカメラでしたらメール添付ファイルには約5MBが記載されます。
      (この容量ですと光ファイバーはある程度スムーズに送信されますが、ADSLですと少し送信に時間が必要かもしれません)
  2. スキャナーでのデータ(L判を基準として)
    • スキャナーでお写真を取り込む場合はエプソン(プロフェッショナルモード)、キャノン(拡張モード)、解像度を「400」で入力、      人物の必要な分の一回り大きく囲み、出力サイズの幅を「130」で入力してスキャンして下さい。
    • 取り込みましたデータはJPEGで保存しメールに添付して送信してしてください。
  3. ご注文ページから画像を送信する場合
    • ご注文ページから画像を送信される場合お客様のお名前、ご住所等を入力するページには画像を添付する入力フォームはまだ表示されません、画像の添付作業以外の必要事項を入力し確認ボタンをクリックして切り替わる確認画面の中に画像を添付する入力フォームが表示されますので、そこで画像の添付作業を行って下さい。
      ※添付する画像データは5MB以内でお願いいたします。

イメージ
イメージ
質問-2

今の写真プリントの耐久性は?

 
答え

遺影写真は1995年頃(デジタル化)から印画紙を使用していません。

初期の頃は昇華型プリンター・インクジェットプリンター・フジピクトロ機等で出力をしていました。 その頃の遺影写真は早く変色・退色しました。 プリンターも年々技術開発が進み、以前より耐久性があります。 いくら耐久性があるといってもカラー写真・モノクロ写真も変色・退色いたします。 この変色等を防ぐには写真にラミネートをすればある程度耐久性が望めます。
なお写真は太陽光・蛍光灯の紫外線に弱く変色等が早く進みます。 年数は保存の仕方、置き場所、プリント出力方式等々で一概には言えないのが現状です。


イメージ
イメージ
質問-3

ネガ(カラー・モノクロ)から遺影写真は作成できますか?

 
答え

ネガからでもポジフイルムからでも作成できます。

一人写しのネガであればよいのですが、集合写真等のネガでしたらご注文から製品までの流れのページで1使用するお写真をお選びください。の項目で記載していますように指示してください。
※ネガを送る場合郵便でしたら簡易書留か、または宅配便でお願いします


イメージ
イメージ
質問-4

完成写真が届きましたがもう少しこの箇所を直して頂きたいとなれば?

 
答え

完成確認メールで内容をご確認いただき修正も無料で承ります。

メールの受け取りが出来るお客様であれば、完成確認メールでお客様にご確認いただき修正も無料で対応いたします。
※ただしやりかえ分は一度のみとさせていただきます


イメージ