生前遺影撮影を始めた理由

大阪市住吉区にあるシルバー世代専門写真館の葉月写真工芸社です。

前回のブログで宣言した通り、弊社がなぜ生前遺影撮影を始めたのかお話ししたいと思います。

弊社は1967年の創業以来、写真館・葬祭事業者から葬儀、葬式に使用する遺影写真の作成を仕事にさせていただいてます。

お作りする遺影写真の多くがスナップ写真からの作成でピントがあまく、すこしボケたような写真でした。そのようなお写真を作成する中、この写真で本当にご家族は喜んでくれているのか?と疑問に思うようになりました。

どうすれば綺麗でその人らしい遺影写真をご提供できるのか考えた末、生前にご遺影用の写真撮影をする事を決断しました。やはり、一眼レフ、ライティング、ヘアメイクなどきちんとしたポートレート写真にはスナップ写真ではかなわないと思いまして。

それがおそらく2012年ぐらいでしょうか。
そこから急ピッチで事は進み、撮影技術指導もしていただきました。(ある有名フォトグラファーの方にご指導いただきました。)

生前遺影撮影スタート直後は「そんな撮影需要ないで」とか言われましたが、終活が浸透してきているおかげで年々撮影件数も増えてきております。

その人らしい写真、みんなに見せたい写真、とっておきの1枚、そんな風に思われる写真をこれからも撮影し続けたいと考えております。
もちろんお気に入りのスナップ写真から作成する事も可能です。
また、シミ・しわ軽減の写真加工もしておりますのでお気軽にご相談下さい。

生前遺影撮影、終活撮影、写真加工(フォトレタッチ)なら葉月写真工芸社へお任せ下さい。